×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

[備忘録]私的な情報の収集源リスト

学習する組織とは【コラム】  今回から学習する組織についてお話していきます。「学習する」というと、みんなで勉強会をするとか、教育施設やe-ラーニングなどの仕組みが整っていることと勘違いされるかもしれません。また「現場では勉強する時間なんてない」というような言葉も聞かれそうです。 ■現場での対応力を高める  しかし、ここでいう「学習する」は、組織や個人を取り巻く環境変化に対して、自分の経験を踏まえて新たな思考や価値観を生成したり、行動に移したりすることを指し、決して知識や技術を覚えるということではありません。  さて、学習する組織はP.M.センゲがその著書『最強組織の法則』で提唱していますが、学習する組織が注目された背景には、アメリカが双子の赤字解消に躍起になっていた1990年代、過去の先達の経験や助言が、まったく意味を成さない新しい環境に突入してきたからであり、現場オペレーションの思想も一時期のマニュアル指向から現場対応能力指向へと考え方が変わってきているからです。  ところで、この学習する組織に変革を進めるツールとして示されている5つの規律があります。 この5つの規律ですが、"The Fifth Discipline"として紹介されており、日本語の翻訳本では「5つの"規律"」と訳されていますが、筆者の感覚としては「訓練法」のほうが実際にはピッタリくるように思います。  ただし、何かの方法を習得すれば終わりではなく、生涯を通じて向上させていくプロセスとされていますので、その意味を含めて考えれば規律としたほうがいいのかもしれません。  それではまず、それぞれの規律について簡単に触れてみましょう。 1. 自己マスタリー(自己実現) 自分のあるべき姿を明確にし、自分の選んだ目標に向かって自己啓発を続ける組織環境を作り出すことになります。 2. メンタルモデル これは各自が持っている思い込みや固定概念を内省し改善し続けることです。 3. 共有ビジョン 組織内のメンバーが目的意識を共有し、良い意味で一枚岩になるための重要な要素です。 4. チーム学習 チームのメンバーの望んでいる成果を生み出すために、対話を通じて個人の総和以上の力を生み出そうとするものです。 5. システム思考 様々な要素が複雑に絡み合っている問題を、相互関係を明らかにしながら解決策を見出すものです。 これらの規律は、どれか一つずつの実践ではなく相互に関連しあうものであり、どれかが欠けてもうまくいかないものです。  志を高めるための自己マスタリー(自己実現)と共有ビジョン。内省と対話をひきだすメンタルモデルとチーム学習。それらを概念化するためのシステム思考。これら5つが有機的に結びつき相互作用している状態が学習する組織であるといえるのです。()

情報の収集源は各人それぞれだと思いますが、必要になった時にすぐ情報の収集源が引っ張り出せると便利なのですが、整理されていないとなかなか引っ張り出せないのが実情ではないですか?大事な情報の収集源はきちんと整理して置きましょうね。「私的な情報の収集源のページ」の活用パターンをちゃんと確立して置きましょう。「私的な情報の収集源のページ」の活用パターンをちゃんと確立されていれば、いざという時にきっと役立つことでしょう。このサイトは私的な情報の収集源を備忘録的にリストアップして置くためのサイトを作るにあたって、どのような構造・構成が良いかを試すサイトです。折角の情報の収集源なのにお気に入りに入れて置いても暫くすると繋がらなくなっていませんか?そんな時のために情報の収集源のページをこうして「私的な情報の収集源リスト」のサイトとして確保して置くと良いですよ。備えあれば憂いなしですね。


 情報の収集源1  情報の収集源2  情報の収集源3  情報の収集源4  情報の収集源5 
 情報の収集源6  情報の収集源7  情報の収集源8  情報の収集源9  情報の収集源10